FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊治療 新しくできた保険

不妊治療の保険がようやく誕生しました。
この保険がどれ位皆様の助けになるのか分かりませんが、選択肢が増えると言う事は良い事だと感じます。
下記は引用文ですが、載せておきます。
日本生命保険相互会社は10月2日、女性向けの新商品「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険”ChouChou(シュシュ)!”」を発売する。
 
日本生命保険相互会社は女性向けの新商品「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険”ChouChou(シュシュ)!”」を発売する
同商品はがん、脳卒中、急性心筋梗塞の3大疾病や死亡保障に加え、出産時の給付や特定不妊治療の保障、満期まで継続した場合の一時金を組み込んだ。対象は16~40歳の女性。
特定不妊治療の保障は、2016年4月1日施行の保険業法施行規則の改正により、不妊治療に係る保険の引き受けが解禁されたことを受けたものであり、出産時の給付と特定不妊治療の保障により出産をサポートする商品は、国内生命保険業界初となる(2016年9月現在/同社調べ)。
不妊治療費の保障対象は、体外受精と卵子に精子を直接注入する「顕微授精」。いずれも健康保険の対象外で、治療費は1回につき約30万~40万円かかるとされている。
不妊・出産に係る保障内容は「出産給付金」と「特定不妊治療給付金」。被保険者が保険期間中に所定の出産をしたときに給付される出産給付金は、1回目が10万円。2回目が30万円、3回目が50万円と徐々に金額が上がっていき、5回目以降は100万円となる。支払い限度はなし。
被保険者が保険期間中に所定の特定不妊治療(体外受精・顕微授精の治療過程で受けた採卵または胚移植)を受けたときに支払われる特定不妊治療給付金は、1~6回目が1回につき5万円、7~12回目が1回につき10万円が給付される。支払い限度は12回。
なお、出産に対する保障は責任開始の日から1年経過後、特定不妊治療に対する保障は責任開始の日から2年経過後に保障を開始するとのこと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木村

Author:木村
奈良県生駒市鹿ノ台で鍼灸整骨院をしている木村と申します。

こちらでは、不妊鍼灸治療をされている方。不妊鍼灸治療にご興味がある方に向けて発信していければと思います。

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。